Tokyo Keizai University(TKU) Research Laboratory for

Cross-Cultural Organizational and Career Development

日本型組織・人事モデルの「進化」をめざして 

 

日本企業のグローバル化、異能人材との協働によるイノベーション促進等の観点から、日本企業で働く外国籍社員を増加させることが国策としても推進されています。

 

外国籍社員の受入れはダイバーシティ&インクルージョンの問題であり、理論的には「組織開発」と「キャリア開発」の観点からのアプローチが必要となると考えています。しかし、現状では、その観点からの研究は十分に進んでおらず、また企業での実践も模索が続いています。

 

そこで、産学連携による、実証研究ならびに研修プログラムの開発等に取り組むために本研究所を設置しました。私たちは、日本型組織・人事モデルを他のモデルに置き換えるのではなく、日本型組織・人事モデルの「進化」を検討したいと考えています。

 

企業現場で「使える」研究成果を生み出すことを目指しておりますので、多くの皆様のご支援、ご協力をお願い申し上げます。

 

東京経済大学 グローバル組織・キャリア開発研究所

所長 小山健太

 

設置日:2018年4月1日

For the "Evolution" of Japanese-style Organization and HRM

 

Japanese government has been promoting policies to increase foreign employees so that Japanese companies can make their businesses more globalized and innovating in collaboration with international and diverse talents.

 

Inclusion of foreign employees is a matter of "Diversity & Inclusion", and should be necessary to be approached from  the theories of Organizational Development and Career Development. Nevertheless, academic researches from these perspectives have been limited, and practices at Japanese companies have also been seeking a new way.

 

Therefore, we established this research laboratory for empirical research and practical projects in collaboration with Japanese companies. Our purpose is not to replace Japanese-style organization and HRM with another model, but to find a way of the "evolution" of Japanese-style organization and HRM.

 

We are keen to put our research results to practice at Japanese companies. And we are looking forward to supports and cooperation from many people and companies. 

 

Kenta Koyama, Ph.D.

Director, TKU Research Laboratory for Cross-Cultural Organizational and Career Development

 

Established on 1 April , 2018.


今後の予定  Coming Events


実績  Past Activities


論文・学会発表 Academic Papers and Presentations

講演 Seminars for Practitioners

※研究所設置以前の実績も含む